毛穴ケア

毛穴について

 

毛穴ほど実は一般の人に誤解されているんものも無いのでしょうか?
毛穴って毛の横側に皮脂腺が付いているもの指します。
でも、顔の毛穴って全く違います。
 
顔以外は皮脂腺は非常に小さく、文字通り毛の出口・・という感じだが
顔の場合は毛はほとんど退化して無い場合も多く、皮脂腺は非常に
発達している状態を指します。
一方頭髪は毛も皮脂腺もどちらも発達している・・という特徴があります。
つまり、毛穴というのは実際は皮脂腺穴・・と呼ぶのが正解でしょう。
 
では、毛穴の大きさってケアや薬で小さくすることが出来るのでしょうか?
実は、毛穴の大きさは遺伝で決まっており、後天的にケアする事は出来ません
皮脂腺は男性ホルモンの作用で発達するのです。
ですから、男性ホルモンが多めの人は、皮脂腺も大きくなるので皮脂腺の
出口である、毛穴も大きくなるのです
 
特に、高校生くらいの時、顔にニキビが沢山出来た人は当然毛穴も
大きくなっているのです。
比較的遺伝に影響するので、ケアは実質上不可能です。

 

顔の毛穴について

 

毛穴って普通は顔の毛穴以外は気にはならないものです。
脱毛するときはわきの下なんか少しは気にしますが・・
顔の毛穴って実は皮脂腺穴が正しいのです。
人間の毛穴は、顔以外が毛に対して皮脂腺がそれほど大きくないのに
顔については毛事態は退化しているにも関わらず皮脂腺は大きくなっています。
これは、皮脂腺からの皮脂は毛を通じて外に排出されるようにできているからです。毛細管現象というやつです。
 
例えば猫や犬なんかは、雨にぬれても体毛がすべて濡れてしまう事はありません。
これは皮脂が体毛に沿って外に出ているからなんです。
 
人間の場合、ニキビの例でもわかる様に顔の部分だけ、比較的大きな皮脂腺が
残ってしまったので、こうなってしまったのです。
皮脂は本来は毛を守る為あるのです。
ですから、本来はこまめに洗顔して、毛穴が詰まらない様にしないといけません
特に、皮脂が詰まってしまうと毛穴が目立ってしまいます。

毛穴の皮脂対策なんてできる訳ない

 

毛穴の皮脂対策の化粧品が先日ドラッグストアで売られているのを
見ました。
でも良く考えると、何かが不足していれば、それを補えば事足ります。
しかし。多すぎる場合ってどうするのでしょうか?
皮脂が出過ぎるのは、どうやって減らすの?
 
私には、こまめに洗顔して洗い流すくらいしか思いつきません。
そもそも皮脂って毛穴の中にある皮脂腺から分泌されます。
男性ホルモンが多すぎると、皮脂腺が大きくなってしまうのです。
だから化粧品で男性ホルモンを減少させるなんてできません。
又、薬を使っても副作用が心配です。
唯一考えられるのは ビタミンCのイオンを使って皮脂の分泌を
抑える程度、でも大きな効果は期待できそうにありません。

 

毛穴の掃除をクレンジングで出来るの?

 

 

毛穴の汚れをオイルクレンジングで取る・・という話を聞いた事があります。
確かに顔の毛穴は黒ずんでいる気がして、中の汚れを掃除したくなります。
でもちょっと待ってください。
実際顔の毛穴には、汚れ何て詰まってはいません
あるとすれば、皮脂と角質くらいのものです。
汚れ何て、毎日洗顔していれば溜まるわけありません。
皮膚の表面にある角質が剥がれ落ちたものと、外に出ようとする皮脂がある
だけです。
 
それが角栓となっているだけです。
つまり、汚れではありません
だから、いくら黒ずんでいるのが嫌だと言ってクレンジングで洗っても
一向に黒ずみは取れません
それよりも、洗顔のし過ぎで顔の角質層を傷めてしまって
肌荒れの原因になるほうがよほど危険です。
同時に、セラミドと水分も失って乾燥肌になる危険性も含んでいます。

 

関連ページ

保湿にはセラミド
いろんな事が言われていますが、顔の保湿にはセラミドが必要です
ニキビと吹き出物
ニキビと吹き出物は似ている様違います。どこが違うのでしょうか?
乾燥とシワの関係
空気が乾燥すると顔のしわが増える。全くの迷信です
自然派化粧品と植物性化粧品
自然派化粧品と植物性化粧品。似ているようですが全然違います。どちらが肌に良いのでしょうか?
コラーゲンの知識
コラーゲンって有名です。顔のシワはコラーゲンが新たに分泌されないから。でもここでも迷信が沢山あります
コラーゲンの迷信
コラーゲンに関する迷信に騙されてはいけません。 身体に悪い結果をもたらす可能性もあります
コラーゲンが減る原因
コラーゲンの減る原因と対策をまとめます