コラーゲンが減る原因

コラーゲンが減る原因は女性ホルモンの減少

 

エストロゲンというのは、女性の卵巣から分泌される女性ホルモンです。
エストロゲンは美しさや若さのホルモンとも呼ばれ、女性の美を保つのに
必要なホルモンです。
 
そして、肌のコラーゲンを守ったり、肌の水分量を増やしたり髪を豊かに
したり、女性の美しいボディラインを守るホルモンです。
そして、エストロゲンは妊娠や出産に津必要なホルモンで20歳代に
一番多く分泌されます。
そして35歳を過ぎたあたりから下降線に入り、40歳代になると急激に
減少します。
 
女性は40歳代になると、妊娠が難しくなりまた、肌も急激に衰えてきます。
45歳くらいでエストロゲンの分泌量は大幅に低下します
女性の閉経とほぼ一致しており、このころ更年期障害が発生します。
このころエストロゲンが減少する時期に女性は心身共に弱くなる傾向があります。
 
では、エストロゲンを増やすことが出来れば、問題ないと考えるのも無理はありません。
しかし、そう簡単ではないのです。
閉経前の女性がエストロゲンを薬や注射などで摂取すると、急激に発がんの危険度が
増加してしまうのです。
50歳くらいの女性に更年期の症状を緩和させるのにエストロゲンを投与する治療法があります。
これは、乳がんのリスクを大きく増やすので、身内に乳がんが発生した人は受けられないのです。
 
ここから考えると、自分のエストロゲンをいかにして減らさないようにすることが大切です。
この為には、不規則な生活や無理なダイエットは禁物です
ダイエットでシワが増える・・という話をよく聞きます。
これは、痩せて萎むと思われがちですが、実際は卵巣機能が低下してコラーゲンが減るからです。
 
では、エストロゲンを減らさない方法は全く無いのかと言うと、そんなことはありません。
実は、手頃なところに良いものがあります。エストロゲンと同じような効果の食品
 

@大豆

 大豆にはイソフラボンというフラボノイドが含まれています。
 これは、エストロゲンに似た効果があります。この為、日本人は欧米人に比べて老化が遅く若く見える・・という点です。
 唯、サプリメントでイソフラボンを摂取してはいけません。量が多すぎるのです。
 エストロゲンと同様発がんリスクが高まります。
 実際は1日に豆腐1丁程度で十分なのです。これなら問題なく摂取できるでしょう。
 

A漢方の当帰

 
 漢方薬の当帰にもエストロゲンと同じ効果があります。今のところ発がんリスクは 報告されていません。実際、婦人科の病院では当帰を含む漢方薬を処方してくれます。 
 不妊や更年期障害の対策に処方されています。
 

 

関連ページ

保湿にはセラミド
いろんな事が言われていますが、顔の保湿にはセラミドが必要です
ニキビと吹き出物
ニキビと吹き出物は似ている様違います。どこが違うのでしょうか?
乾燥とシワの関係
空気が乾燥すると顔のしわが増える。全くの迷信です
自然派化粧品と植物性化粧品
自然派化粧品と植物性化粧品。似ているようですが全然違います。どちらが肌に良いのでしょうか?
毛穴について
毛穴について皆さんは勘違いをされていることが多いと思います。
コラーゲンの知識
コラーゲンって有名です。顔のシワはコラーゲンが新たに分泌されないから。でもここでも迷信が沢山あります
コラーゲンの迷信
コラーゲンに関する迷信に騙されてはいけません。 身体に悪い結果をもたらす可能性もあります